はじめに

今回は、ラジオボタンを操作する方法

基本はボタンと同じでclickで走らせるだけ

今回もテキストエディットを例に進める。普通のボタンと同じでラジオボタンも要素を指定してclickを走らせればいい。テキストエディットでは、上部の文字揃えの箇所がラジオボタンになっているので調べてclickさせる。

前回「AppleScriptで操作したいアプリの要素を調べる方法」で名称未設定のファイルの要素を調べる動作を説明して、その際、tell動作が重なってしまって分かりづらくなってきたので、変数を使ってすっきりさせる。


tell application "System Events"
	set pla to group 1 of window "名称未設定" of application process "TextEdit" of application "System Events"
	tell pla
		every UI element
	end tell
end tell

結果の中に、radio group 1 というのがあるので、スクリプトの変数に radio group 1 of を書き足して実行させる


tell application "System Events"
	set pla to radio group 1 of group 1 of window "名称未設定" of application process "TextEdit" of application "System Events"
	tell pla
		every UI element
	end tell
end tell

そうすると、以下の様な結果が得られてラジオボタンが4つあることが分かる。(of radio group 1 of group 1 of window "名称未設定2" of application process "TextEdit" of application "System Events" は長いので置換して削除してある)


{radio button 1 , radio button 2 , radio button 3 , radio button 4 }

スクリプト用に名前が付けられていないので、このラジオグループもそうだが、このラジオボタンがどのボタンに対応しているのかは実際にスクリプトを走らせないと分からない。


tell application "System Events"
	set pla to radio group 1 of group 1 of window "名称未設定" of application process "TextEdit" of application "System Events"
	tell pla
		click radio button 2
	end tell
end tell

2番を走らせると、「テキスト中央揃い」のボタンがクリックされる。この要領で探していくしかない。